ファイルメーカーのインポート・エクスポート機能

IT, ファイルメーカー

 ファイルメーカーのランタイムソリューションの作業。ファイルによるデータの受け渡しができるようにインポート・エクスポートの機能を作成しているのですが、エクスポートの際に各列の見出しが欲しかったので、Merge形式というカンマ区切りで見出し付きのフォーマットを選んでいました。いつのまにか一部の文字(今回は”〜”)が欠けています。Merge形式では文字セットがSHIFT-JISになってしまうためエクスポート→インポートしたことで、変換できない文字が欠けてしまったようです。よく考えればUTF-8からSHIFT-JISに変換しているのだろうから起こりうることでしたがケアレスミスでした。

CSVを選択するとUTF-8が選べるのですが、この形式では見出しがつきません。見出しがつくのはMerge, Excel, FileMaker、dBaseIII形式のようです。Excelはうっかり開いて先頭の0がなくなることがあるので、これまで意外に使用したことなかったのですがFileMaker形式を選択してみました。FileMakerのインポート・エクスポートをスクリプトで行うとなかなか難しいです。いろいろなパターンを試してもう少し理解を進める必要がありそうです。

 1and0

参考:FileMaker Pro13 Help サポートされているインポートおよびエクスポートファイルフォーマット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧